スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホームレス中学生」「みなさん さようなら」「ガマの油」

ホームレス中学生

2007年8月31日に発売。自身の幼少時代から相方、川島明との出会いまでを描いた自伝。
表紙は、田村が公園で生活していた時期に食べたことのあるダンボールをモチーフにしている。2008年10月時点で225万部を売り上げており、ワニブックス史上最高の売り上げを記録した。この人気を受けて急遽メディアミックス化。漫画・映画・ドラマが制作された。








みなさん さようなら


1981年、小学校を卒業した13歳の悟(濱田岳)は、担任教師の静止を振り切り団地の外へ一切出ずに生活していくことを宣言する。才色兼備な隣人の松島(波瑠)にはその無謀な計画は鼻で笑われるが、彼は中学にも行かずに独自の信念に従った生活を確立していく。母親のヒーさん(大塚寧々)は、そんなマイペースな息子の姿を優しく見守っていた。




「ガマの油」

。一人息子の交通事故をきっかけに、息子のガールフレンドや幼友だちとのきずな­を深めていく奔放な父親との交流を優しくつづる。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。