スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「深度72メートル」「天城越え」「振り子」

「深度72メートル」

SH3109.jpg

ロシア海軍の潜水艦『スラブガール』が訓練中、放棄された古い機雷に接触。
艦は、大きな損傷を受け、水深72メートルの海底に沈みます。

ほとんどの乗組員が死亡しますが、何名かが生存。
果たして彼らは、沈没した潜水艦から無事に生還できるでしょうか?と言うもの。
















「天城越え」田中美佐子、二宮和也  1998年版

51qThaItb1L.jpg

三十数年昔のこと、16歳の私は、はじめて天城を越えた。
私の家は下田の鍛冶屋であったが、なんとかしてよその土地に出ていきたいと思っていた私は、静岡にいる兄が羨ましくてならず、6月の終わりに、かねてからの希望を決行する気になった。
天城のトンネルを通り抜けると、別な景色がひろがっていた。私は、「他国」を感じた。
湯ヶ島まで来たときには、もう夕方近くなっていた。向こうから、一人の大男が歩いてきた。
一目で、他所者だと分かった。「あれは、土方だね。
ああいうのは流れ者だから、気をつけなければいけない」と、呉服屋から言われた。静岡に行く元気がなくなった私は、下田に引き返す決心をした。








「振り子」

poster2_201509111956056e4.jpg

世界的に人気のバンドMuseとのコラボでも話題になった、鉄拳の動画を基にした感動的な家族ドラマ。昭和から平成を時代背景に、経営する店の倒産や妻の病といったさまざまな苦難に向き合う夫妻の絆をつづる。
物語のモチーフとなる振り子時計の音や素朴で温かい登場人物たちの姿に、懐かしさがこみ上げる。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。