スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「花宵道中」「クヒオ大佐」「天地明察」

「花宵道中」

51-2Cyk0EQL.jpg

江戸末期の新吉原を舞台に、花魁(おいらん)として生きてきた女が一人の青年との許されぬ恋に身を焦がす姿を描く。安達祐実がヒロインとなる花魁(おいらん)を熱演。

クリック











「クヒオ大佐」

51t0mvHLceL.jpg


日本人でありながら西洋人のような容ぼうを生かし、自分はアメリカ空軍のパイロットなどと偽って女性たちから約1億円を巻き上げた実在の結婚詐欺師の真の姿に迫る。
何とも不思議な主人公に成り切った堺雅人と3人の女性たちの物語に夢中になる。

初めの1部は別



















「天地明察」


e_140123102636_.jpg



  江戸時代に将軍に囲碁を教える名家に生まれた青年・安井算哲は出世に興味が無く、大好きな星の観測と算術の問題解きに夢中になっていた。
将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之は、そんな算哲に興味を示す。
折しも、800年にわたって使われていた中国の暦のズレが大きな問題になり始めていた。
そこで保科は、新しい暦をつくるという大計画のリーダーに算哲を大抜擢する。
それは星や太陽の観測に途方もない労力が必要なばかりか、暦を権威の象徴と考える朝廷をも敵に回す困難で壮大な事業だった。



クリック


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。