スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いま、会いにゆきます」「バンクーバーの朝日」「海を感じるとき」「甥の一生」「タイムスリップ 明治維新」


 「いま、会いにゆきます」


        umiwokanzirutoki.jpg

死んだはずの妻と再会し、奇妙な共同生活を送るシンプルでまっすぐな家族愛に目頭が熱くなること必見の感動作。
秋穂巧(中村獅童)は妻の澪(竹内結子)に先立たれ、1人息子の佑司(武井証)とつつましく暮らしていた。ある雨の日、妻にそっくりの女性が現れるが、彼女は記憶喪失だという。



           クリック






















「バンクーバーの朝日」

images_20150725180301c58.jpg


1900年代初めのカナダ・バンクーバー。
貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。
製材所で働くレジー笠原(妻夫木聡)やケイ北本(勝地涼)、漁業に携わるロイ永西(亀梨和也)らは野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、最初は白人チームにばかにされながらも、次第に現地の人々にも認められていく。



















「海を感じるとき」


umiwokanzirutoki.jpg


所属する新聞部の部室で授業をさぼっていた女子高生の恵美子(市川由衣)は、先輩の洋(池松壮亮)と出くわす。いきなり彼にキスを迫られ、思わず身を任せてしまう恵美子。
そんな彼女に洋は、女性の体に興味があっただけで相手は誰でもよかったと冷たく言い放つ。

だが、大切にしてもらえないことを悟りながらも、恵美子は愛情を求めて彼に身を委ねていく。やがて、上京した洋のそばにいたいと恵美子も東京で働くように。
洋に振り向いてほしくて彼に近づくが、そのたびに拒絶されて心に傷を負っていく。




クリック



















「甥の一生」

f54470af44de0f.jpg


キャリアウーマンとして仕事に忙殺されながら、心が締め付けられるような恋愛をしていた堂薗つぐみ(榮倉奈々)は、祖母が亡くなった後に東京から田舎の一軒家に引っ越してくる。
そこへ彼女の祖母を慕っていたという大学教授・海江田醇(豊川悦司)が現れ、強引につぐみの家に住み込むようになる。
当初は親子ほども年の離れた海江田のアプローチに困惑するつぐみだったが、少しずつ距離が近くなっていく。



クリック



















私は映画以上に聞いているのが、ラジオドラマ。
ラジオドラマは制作費が安いので内容は面白く目も疲れない。
分かりやすく「田村ゆかり」主演で面白く明治維新が分かる。

o0240033613375398128.jpg

これは電子書籍です。


「タイムスリップ 明治維新」






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。